日中関係 尖閣「将来世代で解決を」公明・山口氏

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130123/plc13012303120005-n1.htmより、
産経新聞【主張】尖閣と山口氏 棚上げ論は国益に反する
2013.1.23 03:13 (1/2ページ)

 22日訪中した公明党の山口那津男代表が、沖縄県・尖閣諸島について香港のテレビや記者団の取材に対し、いわゆる「棚上げ論」に言及した。「容易に解決できないとすれば、将来の知恵に任せることは一つの賢明な判断だ」との内容だ。
 棚上げ論は、1978年に来日した当時の最高実力者、トウ小平氏が持ち出したもので、「次の世代が良い方法を見つけるだろう」と発言したことで知られる。だが、経済、軍事両面で拡大を続ける中国は、14年後の1992年に、尖閣を自国領とする領海法を制定し、一方的に領有権主張を強め始めた。
 この時点で棚上げ論は、すでに破綻しており、日本側が持ち出すことは領有権を放棄することにつながる。山口氏の発言は国益を損なう極めて不適切な発言であると指摘せざるを得ない。
 尖閣は歴史的にも国際法上も明らかに日本固有の領土である。当然ながら、中国との間に領有権問題は存在しない。
 北京への出発に先立ち、山口氏は「領土問題は存在しない。政府・与党の共通認識だ」と語ったが氏の言動はすでに中国メディアによる宣伝戦に利用されている。
 先に訪中した鳩山由紀夫元首相も、尖閣を日中間の「係争地」などと述べて、中国メディアに大きく取り上げられた。教訓として生かされなかったのは遺憾だ。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130123/plc13012303120005-n2.htmより、
2013.1.23 03:13 (2/2ページ)
 山口氏は今回、安倍晋三首相の親書を携えており、習近平・中国共産党総書記との会談についても調整を進めている。
 フィリピンが領有権を主張する南沙諸島のミスチーフ礁を、米軍のフィリピン撤退後に中国が占領した経緯は、尖閣を守る日本には人ごとですまされない。中国が尖閣の領海・領空侵犯を繰り返す状況下、日本側から棚上げ論を持ち出すことは中国の圧力に屈することを意味する。
 山口氏はまた、中国機の再三にわたる尖閣周辺の領空侵犯に対する航空自衛隊機の緊急発進についても、「不測の事態を招きかねない」との強い懸念を表明した。
 日本として今なすべきは、中国による国論分断をはね返して、結束して尖閣を守ることである。
 安倍首相は11日、「尖閣諸島、領土を守る姿勢に変わりはない」と述べたが、山口氏はこれを否定したとも受け止められる。国家主権をどう考えているのか。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130122/plc13012223550017-n1.htmより、
「尖閣は私たちの空」 “山口発言”で安倍首相が反論
2013.1.22 23:54

 安倍晋三首相は22日夜のテレビ朝日番組で、公明党の山口那津男代表が沖縄県・尖閣諸島周辺での日中両国による軍用機飛行の自重を求めたことについて、「尖閣の上空、領空は私たちの空だ。ここに自衛隊機が入る、入らないはわれわれが決める」と反論した。
 中国側の侵入に対しては、「明らかな領空侵犯だから、国際法にのっとって対応していく」と強調。山口氏が中国が主張する尖閣の領有権の「棚上げ」に言及したことに関しては、「山口代表は『棚上げ論』ではないとはっきり述べている」と述べ、問題ないとの認識を示した。

http://mainichi.jp/select/news/20130123k0000m030078000c.htmlより、
中国:山口代表訪中…国営放送トップで報道
毎日新聞 2013年01月22日 21時28分

 【北京・工藤哲】国営中国中央テレビ(CCTV)は22日、公明党の山口那津男代表の訪中についてニュース番組のトップで伝え、高い関心を示した。
 山口代表は香港・フェニックステレビの取材に沖縄県の尖閣諸島問題について、事実上棚上げすべきだとの考えを示しており、中国側は山口氏との一連の会談を通じ日中関係改善の糸口を模索するとみられる。また、中国側には動向をメディアに手厚く報道させることで、安倍晋三首相や日本政府をけん制する狙いがあるとみられる。

http://mainichi.jp/select/news/20130123k0000m010065000c.htmlより、
公明・山口代表:習総書記と会談困難か 北京に到着
毎日新聞 2013年(最終更新 01月22日 21時12分)

 【北京・福岡静哉】公明党の山口那津男代表は22日午後、羽田空港発の民間機で北京空港に到着した。沖縄県・尖閣諸島をめぐり対立が深まる日中関係を打開する糸口を探りたい意向で、事前に唱えた尖閣の「棚上げ」論は、習近平総書記との会談実現に向けた布石の意味がある。ただ、習氏との会談は調整が難航していることに加え、政府・与党内では「棚上げ」発言への批判も出ている。
 「尖閣だけが日中間の問題ではない。大局的に関係改善の道を探るには政治的な対話を重ねる必要がある」。山口氏は22日朝、羽田空港で記者団に会談実現への意欲を強調した。中国への強硬姿勢が目立つ安倍晋三首相や与党第1党の自民党には緊張緩和へ向けた動きが鈍く、山口氏としては日中衝突などの「不測の事態」を避けたいのが本音だ。
 山口氏は21日、香港のテレビ局の取材に、尖閣の棚上げ論を展開。両国の軍用機が周辺での飛行を避けるとの「合意に至ることも重要だ」と踏み込んだ。訪中前に妥協案を示して会談実現の弾みとする狙いで、党関係者は「習氏に向けたシグナルだ」と解説する。
 ただ、22日時点で会談の見通しは立っておらず、同行筋は「要請しているが中国側から回答がない」と語る。王家瑞対外連絡部長との会談はいったん23日に固まったが延期となった。山口氏は首相から習氏への親書を託されているが、日中関係筋は「中国側は親書に踏み込んだ提案はないと判断したのではないか」と語る。
 一方、自民党の石破茂幹事長は22日の記者会見で、周辺空域での飛行自制という山口氏の提案を「我が国固有の領土と言っており、飛行機が近づかないということは極めて難しい」と批判した。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013012200542より、
日中関係の打開に期待=山口公明代表に注目-中国

 【北京時事】中国外務省の洪磊・副報道局長は22日の記者会見で、公明党の山口那津男代表の訪中について、「中国側は日本の各政党と交流を続けており、こうした往来により、適切な問題解決と健全な関係発展が可能となる」と述べ、冷え込む日中関係の打開に期待を示した。
 また22日付の中国各紙は「安倍内閣発足後、連立与党幹部の訪中は初めて」と報道。山口代表が中国共産党の習近平総書記に宛てた安倍晋三首相の親書を持参していることなどに触れ、「こう着した中日関係の『転換点』になることが期待される」(環球時報)などと伝えた。
 環球時報は、山口代表が沖縄県・尖閣諸島をめぐる問題の「棚上げ」に言及したことに触れつつ、「日本の政局が融和路線に変わるかどうかは見守る必要がある」と慎重な見方を示す専門家の意見も併せて伝えた。中央テレビは山口代表が到着した北京空港から生中継でニュースを伝え、関心の高さを示した。(2013/01/22-17:51)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013012200050より、
山口公明代表、北京に到着=「尖閣棚上げ」は軌道修正

 【北京時事】公明党の山口那津男代表は22日午後、羽田発の日航機で北京に到着した。山口氏は安倍晋三首相から託された習近平・中国共産党総書記宛ての親書を持参。中日友好協会会長の唐家セン前国務委員と会談し、沖縄県・尖閣諸島をめぐる問題で冷却化した日中関係について意見交換する。習氏との会談も調整している。帰国は25日の予定。
 山口氏は出発に先立ち、都内で記者団に「大局観に立った(日中)関係正常化の扉を開く一歩にしたい」と強調。尖閣問題の棚上げに言及したことについては、「尖閣諸島はわが国固有の領土で、領土問題は存在しない。それは政府・与党共通した認識だ」と述べ、自らの発言を軌道修正した。中国要人に問題の棚上げを伝えるか問われると、「話題にするかどうかは、今後十分考えたい」と述べた。(2013/01/22-13:25)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013012200368より、
菅官房長官、公明代表発言を問題視せず=石破氏は批判

 菅義偉官房長官は22日午前の記者会見で、公明党の山口那津男代表が沖縄県の尖閣諸島をめぐる問題の棚上げに言及したことについて「山口氏は『尖閣諸島はわが国固有の領土で、領土問題は存在しない』と言っている。従来通り(の立場)だ」と述べ、問題視しない考えを示した。
 一方、自民党の石破茂幹事長は会見で「日本政府として一度も棚上げを是認したことはない。棚上げする理由はどこにも存在しない」と批判。山口氏が尖閣諸島周辺空域の飛行を自重する日中両国の取り決めが必要と主張したことに関しても、「わが国固有の領土で実効支配をしている空域に、わが国の飛行機や軍用機が近づかないのは極めて難しい」と反論した。(2013/01/22-12:12)

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013012201001166.htmlより、
公明代表、首相親書携え訪中 「対話の道開く」
2013年1月22日 11時08分

 公明党の山口那津男代表は22日午前、中国訪問のため羽田空港を出発した。安倍晋三首相の親書を持参し、中国共産党の習近平総書記との会談を調整している。沖縄県・尖閣諸島をめぐり日中対立が深まる中、連立与党の一角として関係修復の糸口を探る狙いだ。
 出発に先立ち、山口氏は空港で記者団に「大局観に立った関係正常化に扉を開く一歩にしたい。対話の道を開きたい」と意気込みを語った。
 与党幹部の訪中は安倍政権発足後初めて。山口氏は習氏との会談が実現すれば、安倍首相と習氏による早期の首脳会談開催も模索したい意向だ。尖閣問題解決は将来世代に委ねるべきだとの見解も伝えるもよう。(共同)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130122/k10014963721000.htmlより、
公明・山口代表 北京へ出発
1月22日 10時21分

公明党の山口代表は、安倍政権の幹部としては初めて、中国の新しい最高指導部のメンバーらと会談して、沖縄県の尖閣諸島の問題で悪化している日中関係を改善する糸口を探りたいとして、22日午前、北京へ出発しました。
公明党の山口代表は、22日から4日間の日程で中国を訪問するため、午前9時すぎ、羽田空港から北京へ出発しました。
山口氏は、安倍政権の幹部としては初めて、習近平総書記ら中国の新しい最高指導部のメンバーらと会談して、沖縄県の尖閣諸島の問題で悪化している日中関係を改善する糸口を探る意向です。
特に、習総書記には、安倍総理大臣から託された親書を手渡すとともに、早期の日中首脳会談の実現を働きかけたいとしています。
山口氏は、出発前に羽田空港で記者団に対し、「日中関係は、さまざまなあつれきが生じ、政治的な対話ができない状況が続いたが、今回の訪中を関係の正常化に扉を開く一歩にしたい。尖閣諸島はわが国固有の領土であり、領土問題は存在しないというのは、政府・与党に共通した認識だが、不測の事態を回避して緊張を和らげるために、さまざまな対話を重ねていく必要がある」と述べました。

http://mainichi.jp/select/news/20130122k0000m010071000c.htmlより、
山口公明代表:尖閣問題棚上げを示唆 22日から訪中
毎日新聞 2013年(最終更新 01月21日 23時02分)

 公明党の山口那津男代表は22日からの訪中を前に21日、香港・フェニックステレビに出演し、沖縄の尖閣諸島問題について「将来の知恵に任せるのは一つの賢明な判断。しばらく静かにしておくのも大きな知恵だ」と述べ、事実上棚上げすべきだとの考えを示した。
 与党幹部として日中両政府に冷静な対応を求めた。一方で、山口氏は「特に両国の軍用機がこの島に近づき合うのは不測の事態を招きかねない。空はお互いに入らないという合意に至ることも重要だ」とも述べた。日本政府は尖閣諸島について「領土問題は存在しない」としており、尖閣諸島の空域での自衛隊機の活動を巡る中国政府との合意に言及したことは問題になる可能性もある。
 昨年12月の安倍政権発足以来、与党首脳の訪中は初めて。山口氏はこれまで3回、習近平総書記と会談しており、19日の首相との会談後には「首脳会談に結びつけたい。首相もそれを望んでいると伝える」と語った。
 しかし、中国側は、今月15〜18日に訪中した鳩山由紀夫元首相が、日本政府の見解に反して尖閣諸島での領土問題の存在を認めた発言を大きく取り上げ、鳩山氏を称賛した。山口氏に対しても、尖閣諸島について明確な見解を示すよう求める可能性もある。【吉永康朗、福岡静哉】

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013012101002343.htmlより、
尖閣解決「将来世代で」 公明代表、中国に伝達へ
2013年1月21日 22時24分

 公明党の山口那津男代表は21日夜、沖縄県・尖閣諸島をめぐる日中対立に関し「将来世代に解決を委ねるのは、当面の不測の事態を回避する方法だ」と述べ、事実上「議論の棚上げ」を検討すべきだとの考えを示した。仙台市内で記者団の質問に答えた。
 山口氏は22~25日に北京を訪問し、滞在中に中国共産党の習近平総書記との会談を調整しており、中国側にこうした考えを伝える意向も示した。
 同時に「日本と中国の主張は対立している。双方がその主張に基づいて実力をぶつけ合うのでは解決できない」と強調した。(共同)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013012100627より、
尖閣棚上げに言及=軍用機飛行、日中が自重を-山口公明代表

 公明党の山口那津男代表は21日放送された香港・鳳凰衛星テレビ(フェニックス・テレビ)のインタビューで、沖縄県の尖閣諸島をめぐる中国との対立について「将来の知恵に任せるということは一つの賢明な判断だ」と述べ、問題の棚上げに言及した。
 尖閣諸島に関し中国側は、1972年の国交正常化の際、当時の田中角栄首相と周恩来首相が問題を棚上げする共通認識を有していたと主張している。山口氏は安倍晋三首相の親書を携えて22日から訪中。習近平共産党総書記ら要人との会談を調整している。
 山口氏は21日夜、尖閣問題での中国の対応について、仙台市内で記者団に「いわゆる棚上げ論を主張してきた」とした上で、中国要人との会談では「正常化の原点に返りましょう、先人の知恵に学びましょうと申し上げるつもりだ」と述べた。
 また、インタビューで山口氏は、中国機が尖閣周辺の日本領空に侵入し、航空自衛隊機が緊急発進するケースが相次いでいることに関しても「両国の軍用機が島に近づき合うことは、不測の事態を招きかねない」と指摘。「軍用機が入らないことを双方で理解する必要がある」と述べ、日中が飛行を自重する取り決めが必要だとの認識を示した。(2013/01/21-21:37)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013011900332より、
訪中の山口公明代表に親書=首脳会談に意欲-安倍首相

 安倍晋三首相は19日夜、中国訪問を控える公明党の山口那津男代表と都内のホテルで会い、習近平共産党総書記宛ての親書を託すことを確認した。その上で、尖閣諸島の問題をめぐり日中関係が悪化している現状を踏まえ「中国とはいろいろなあつれきを生んできた。政治対話を重ねて関係改善への第一歩にしていただきたい」と伝えた。
 首相はまた、「関係改善を図り、(習氏との日中)首脳会談に結びつけたい」との意向を示し、山口代表から習氏らにこうしたメッセージを伝えることも確認した。
 山口代表は中日友好協会の招きにより、22日から25日まで訪中する予定で、習氏ら党・政府の要人との会談を調整している。習氏への訪問が実現すれば、尖閣諸島がわが国の領土であることを明確に主張した上で、「大局的な見地からの関係改善」を強く働き掛ける考えだ。(2013/01/19-21:33)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013011900180より、
公明、存在感発揮に懸命=代表訪中、軽減税率を主張

 夏の参院選をにらみ、公明党が存在感を示そうと懸命だ。自民、公明両党の政権復帰後、与党幹部として初めて山口那津男代表が22日から中国を訪問。自民党との税制協議では、消費増税に伴う軽減税率の早期導入を強く主張している。背景には、参院選でも日本維新の会など第三極の台頭が予想され、埋没しかねないとの危機感がある。
 山口氏の訪中は、中日友好協会の招きを受けた形になっているが、実際は山口氏側の働き掛けで実現した。党関係者は「代表自ら動いた。衆院選前から交渉していた」と明かす。
 公明党はもともと「親中」の立場だ。沖縄県・尖閣諸島をめぐって日中関係が冷え込む中、山口氏には、事態打開の糸口をつかんで党をアピールしたいとの思いがある。「(日中)首脳会談に至る道筋を構築し、関係改善に努めたい」。山口氏は18日、京都市内の会合で訪中への意気込みを語った。訪中予定を報告するため19日に会った安倍晋三首相とも、首脳会談の実現を目指すことを確認した。
 軽減税率について、公明党は2014年4月の消費税率8%段階からの導入を主張。自民党は難色を示すが、「支持者との約束だ。党の存亡が懸かっている」(公明幹部)として、一切譲る気配を見せていない。
 麻生太郎財務相が地方公務員給与の削減を地方側に求めたことに関しても、山口氏は「国から一方的に押し付けてはならない」とかみついた。
 ただ、尖閣をめぐる中国の姿勢は硬く、山口氏の訪中はリスクを伴う。目に見える成果を上げられなかった場合、力量不足を印象付ける恐れもある。軽減税率の導入に関しても自民党を説得するのは難しい情勢で、参院選に向けて公明党の悩みは続きそうだ。(2013/01/19-21:23)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130119/k10014917981000.htmlより、
首相 山口代表の訪中で関係改善期待
1月19日 20時48分

安倍総理大臣は来週中国を訪問する公明党の山口代表と会談し、山口氏の訪問が沖縄県の尖閣諸島の問題を巡って悪化している日中関係の改善につながることに期待感を示すとともに、習近平総書記宛ての親書を託す意向を伝えました。
公明党の山口代表は来週22日から4日間の日程で北京を訪問することにしていて、習近平総書記ら中国の新しい最高指導部のメンバーらとの会談を要請しています。これを前に、山口氏は19日夜、東京都内で安倍総理大臣と会談し、「日中間の関係改善を図り、首脳会談の実現に結びつけたい」と述べ、今回の訪問で、沖縄県の尖閣諸島の問題を巡って悪化している日中関係を改善する糸口を探りたいという考えを伝えました。
これに対し安倍総理大臣は「これまで中国とはいろいろなあつれきを生んできたが、政治対話を重ねて関係改善を図っていく第一歩にしてもらいたい」と述べ、山口氏の訪問が日中関係の改善につながることに期待感を示しました。そのうえで安倍総理大臣は、習総書記宛ての親書を山口氏に託す意向を伝えました。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013011901001738.htmlより、
訪中の山口氏が首相親書を持参 日中関係改善の第一歩に
2013年1月19日 20時46分

 安倍晋三首相と山口那津男公明党代表は19日夜、東京都内のホテルで会談し、22日からの山口氏の中国訪問について、政治的対話の第一歩として日中関係の改善を図り、首脳会談開催につなげていくことで一致した。中国共産党の習近平総書記に首相親書を届ける方針も確認した。
 安倍首相は「日中間にはあつれきが生じているが、政治対話を重ね関係改善を図る第一歩にしていただきたい」と述べた。親書持参については山口氏が要請、首相も理解を示した。
 山口氏は対日交流団体「中日友好協会」の招きにより22~25日の日程で中国・北京を訪問する。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130118/plc13011803220005-n1.htmより、
産経新聞【主張】鳩山氏訪中 あなたは何をしてるのか
2013.1.18 03:22 (1/2ページ)

 既に議員生活を引退した人の発言をとがめたくはないが、日本の「顔」であった元首相である以上、看過できない。
 鳩山由紀夫元首相が中日友好協会の招きに応じて訪中し、賈慶林全国政治協商会議(政協)主席との会談で、「尖閣諸島は係争地」という認識を伝えたことだ。
 尖閣は歴史的にも国際法上も日本固有の領土である。
 「領有権問題は存在しない」という政府の立場を踏み外し、中国側の意向に沿う発言を行うことがどれほど国益を損なうか。まだ、わからないようだ。
 菅義偉官房長官が「わが国の首相をされた方の発言として非常に残念で極めて遺憾だ」と不快感を示したのは無理もない。
 鳩山氏がいかに国益を害してきたかは枚挙にいとまがない。
 首相当時、唐突に米軍普天間飛行場の「県外移設」を掲げて問題を迷走させた。オバマ米大統領には「トラスト・ミー(私を信じてほしい)」と伝えながら事態を打開できず、日米同盟を空洞化させて、抑止の実効性を損なった。
 昨年4月、民主党最高顧問として政府の承諾を得ずに核兵器開発の疑いが濃いイランを訪問した。国際原子力機関(IAEA)の対応について「二重基準を適用して不公平だ」と語ったとイラン側に発表され、最大限に利用されてしまった。
 民主党代表時代に「日本列島は日本人だけの所有物じゃない」と発言したことが外国勢力につけ込まれている。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130118/plc13011803220005-n2.htmより、
2013.1.18 03:22 (2/2ページ)
 鳩山氏を招いた中国もあらゆるものを利用しようという魂胆が見え隠れしている。尖閣の領有権問題を認めようという日本国内の一部勢力に加担して、国内世論を分断する狙いもあるのだろう。
 首相を辞め、議員引退後も外交にかかわろうとすることに、鳩山氏は終止符を打ってほしい。
 一方、2月に安倍晋三首相特使として訪露し、プーチン大統領と会談する予定の森喜朗元首相が北方領土問題で択捉島を除く国後、色丹、歯舞3島の先行返還に言及していることも懸念される。
 森氏はプーチン氏が領土問題について「引き分け」と語ったことを念頭に「現実的なことを考えた方がいい」と述べたが、日本が原則とすべき4島返還からは大きく外れている。安倍政権の特使にふさわしいか疑問が残る。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130117/k10014864221000.htmlより、
公明・山口代表 来週中国訪問へ
1月17日 15時0分

公明党の山口代表は記者会見で、来週、中国を訪問することを発表し、新しい最高指導部のメンバーと会談して、沖縄県の尖閣諸島の問題を巡って悪化している日中関係を改善する糸口を探りたいという考えを示しました。
この中で山口代表は、来週22日から4日間の日程で北京を訪問することを発表するとともに、習近平総書記ら中国の新しい最高指導部のメンバーとの会談を要請していることを明らかにしました。
そのうえで山口氏は、沖縄県の尖閣諸島の問題を巡って日中関係が悪化していることについて「この問題で日中関係が滞り、あつれきが強まることは双方が望んでいないので、大局的な観点で関係を改善する道を探りたい」と述べ、今回の訪問で日中関係を改善する糸口を探りたいという考えを示しました。
また、山口氏は、事前に安倍総理大臣の意向も確認したうえで、中国側に対し、日中首脳会談の早期実現を働きかけたいという考えを示しました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中