北朝鮮核実験 「中ロなどと協力」日米韓防衛協議

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130131/k10015205061000.htmlより、
日米韓 共同声明で北朝鮮核実験をけん制
1月31日 19時34分

日本、アメリカ、韓国の3か国は防衛当局の局長級会合を東京で開いて共同声明を発表し、北朝鮮が3回目の核実験に踏み切れば「国際社会からの懸念を無視することになり結果に対し責任を負うことになる」と強くけん制しました。
日米韓3か国の防衛当局の局長級会合は、年1回開かれているもので、31日、防衛省で開かれた会合には、防衛省の西防衛政策局長、アメリカのリパート国防次官補、韓国のイム・グァンビン国防省政策室長が出席し、終了後、共同声明を発表しました。
声明は、北朝鮮が先月、事実上のミサイルを発射したのに続いて、3回目の核実験に踏み切る構えを見せていることについて、「国際的な平和と安全に対する脅威であり、朝鮮半島と北東アジア地域の平和と安定を損なうものだ」としています。
そのうえで「仮に核実験を含む、さらなる挑発行為を行う場合には、北朝鮮は国際社会からの懸念を無視することで直面する結果に対し、責任を負うことになる」と強くけん制しています。
そして声明は、北朝鮮の核やミサイルを巡る問題に対応するため、中国やロシアなどとも緊密に協力していくとしています。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013013100935より、
核実験阻止へ中ロと連携=日米韓

 日米韓3カ国の防衛当局の局長級が31日、防衛省で協議し、北朝鮮による3度目の核実験を阻止するため、中国やロシアにも連携を呼び掛ける方針で一致した。(2013/01/31-18:56)

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013013001001553.htmlより、
日米韓、31日に局長会合 核実験「共通の脅威」
2013年1月30日 18時12分

 日米韓3カ国は外務・防衛当局による局長級会合を、31日に都内で開催する。北朝鮮が実施を表明している核実験を「日米韓に共通する安全保障上の脅威」と確認し、強く自制を呼び掛ける方針だ。会合は昨年1月の韓国開催以来。米国にとって、朝鮮半島の不安定化に備え、島根県・竹島の領有権問題できしむ日韓両国の関係修復を促す狙いもある。
 日本側は、防衛省の西正典防衛政策局長、外務省の加納雄大安全保障政策課長が出席。米国はリッパート国防次官補(アジア・太平洋安全保障問題担当)ら、韓国は国防省の林官彬国防政策室長が参加する。(共同)

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013013000781より、
核実験の動き「高度に注視」=中国大使館

 在日中国大使館の楊宇報道官は30日、記者会見し、北朝鮮が3度目の核実験を行う構えを見せていることに関し、「当面の情勢を高度に注視している」と述べた上で、朝鮮半島の非核化に逆行する措置に反対する中国政府の立場を強調した。
 北朝鮮は既に核放棄拒否を明確にしているが、楊報道官は「(関係国が)冷静と抑制を保ち、着実に半島の平和と安定を維持するよう呼び掛ける」と訴えた。(2013/01/30-17:36)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013013000772より、
北朝鮮核で協議=日米韓

 日米韓3カ国は30日、都内で防衛当局の局長級協議を開き、3度目の核実験強行の構えを見せている北朝鮮情勢を中心に意見交換した。防衛省の西正典防衛政策局長、米国防総省のリッパート次官補、韓国国防省の林官彬国防政策室長が参加。協議は2日間の予定で、初日は2国間ごとに行われた。31日は3カ国による全体会合を行う。(2013/01/30-17:27)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130130/k10015163321000.htmlより、
外相 韓国大使と関係改善確認
1月30日 13時53分

岸田外務大臣は、就任後初めて韓国のシン・ガクス駐日大使と会談し、日韓関係の改善に取り組むとともに、北朝鮮が核実験に踏み切らないよう、アメリカも含めた3か国で緊密に連携し、自制を求めていくことを確認しました。
この中で岸田外務大臣は、島根県の竹島を巡る問題などを念頭に、「安倍政権としても日韓関係を重視していく姿勢に変わりはない。ときに困難な問題が生じることもあるが、大局的な観点から、未来志向の関係を構築するため努力していきたい」と述べました。
これに対し韓国のシン・ガクス駐日大使は「日韓それぞれで新しい政権が発足したことをよいきっかけにして、関係をさらに発展させていきたい」と応じ、日韓関係の改善に取り組んでいくことで一致しました。
そのうえで岸田大臣が、北朝鮮が3回目の核実験に踏み切る構えを見せていることについて、「さらなる挑発行為を行わないよう強く求めていく必要がある」と述べたのに対し、シン大使も「アメリカを含めて緊密に連携して対応していきたい」と述べ、日米韓の3か国で緊密に連携し、北朝鮮に自制を求めていくことを確認しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130130/k10015162351000.htmlより、
キム第1書記 核実験重ねて示唆か
1月30日 13時31分

北朝鮮のキム・ジョンウン第1書記は、朝鮮労働党の末端組織の幹部を集めた大会で再び演説し、「キム・ジョンイル総書記から受け継いだ革命遺産を守り、さらに輝かせることによって、より大きな勝利をつかむことができる」と述べ、3回目の核実験に踏み切る姿勢を重ねて示唆したものと受け止められています。
北朝鮮の朝鮮労働党は、29日まで2日間にわたり、「細胞」と呼ばれる末端組織の幹部を集めた大会をおよそ5年半ぶりにピョンヤンで開きました。
国営テレビは30日、2日目の模様を伝え、この中でキム・ジョンウン第1書記が前日に続いて演説しました。
キム第1書記は、先月の事実上の長距離弾道ミサイルの発射について、「強大な国力を世界に示した歴史的な快挙であり、敵対勢力に鉄ついを下した」と述べ、アメリカなどにミサイルの性能向上を十分に見せつけることができたと強調しました。そして、「キム・ジョンイル総書記から受け継いだ革命遺産をしっかり守り、さらに輝かせることによって、われわれはより大きな勝利をつかむことができる」と主張しました。
北朝鮮では、キム総書記の時代から開発が推し進められてきた核兵器が、ミサイルと並んで「革命遺産」と呼ばれているため、キム第1書記の演説は、3回目の核実験に踏み切る姿勢を重ねて示唆したものと受け止められています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130130/k10015159881000.htmlより、
日米“北朝鮮の核実験に備え緊密連携”
1月30日 12時5分

小野寺防衛大臣は、日本を訪れているアメリカ国防総省のウェーバー次官補と会談し、北朝鮮による核開発は安全保障上の脅威だという認識で一致し、北朝鮮が3回目の核実験に踏み切る場合に備えて、日米両国で緊密に連携し警戒を強めていくことを確認しました。
アメリカ国防総省で核問題などを担当するウェーバー次官補は、30日午前、防衛省を訪れ、小野寺防衛大臣と会談しました。
この中で、小野寺大臣は「北朝鮮は、去年、事実上のミサイルを発射したうえ、再び核実験を行うとみられている。われわれは、北朝鮮の核の脅威を深刻に受け止めている」と述べました。
これに対し、ウェーバー次官補は「北朝鮮は、われわれに対し脅しをかけ続けている」と述べ、北朝鮮の核開発は安全保障上の脅威だという認識で一致しました。
そのうえで、ウェーバー次官補は「アメリカは、核などの有事に対し、即応態勢を構築するため、日本との間で準備作業を進めていきたい。どの国も単独で脅威に立ち向かうことはできないので、関係国同士の連携が必要だ」と述べ、北朝鮮が3回目の核実験に踏み切る場合に備えて、日米両国で緊密に連携し警戒を強めていくことを確認しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130129/k10015138771000.htmlより、
米特別代表 核実験実施されれば追加制裁も
1月29日 15時33分

アメリカのデイビース特別代表は自民党の額賀元財務大臣と会談し、北朝鮮が3回目の核実験に踏み切る構えを見せていることについて、仮に北朝鮮が核実験を行った場合、さらなる制裁措置を検討する必要があるという考えを示しました。
アメリカ政府で北朝鮮の核問題を担当するデイビース特別代表は日本を訪問中で、29日午前、自民党の額賀元財務大臣と国会内で会談しました。
この中で、両氏は、北朝鮮が3回目の核実験に踏み切る構えを見せていることについて、北朝鮮は自制すべきだという認識で一致しました。
そのうえで、デイビース氏は「北朝鮮が一連の国連安全保障理事会の決議を順守しなかった場合には、さらなる制裁措置が必要だ」と述べ、仮に北朝鮮が核実験を行った場合、さらなる制裁措置を検討する必要があるという考えを示しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130129/k10015138171000.htmlより、
日本・カナダ首脳 核実験中止で連携確認
1月29日 14時7分

安倍総理大臣は、29日、カナダのハーパー首相と電話で会談し、北朝鮮が3回目の核実験に踏み切る構えを見せていることについて、北朝鮮に対し、核実験を含む、いかなる挑発行為も行わないよう求めていくことを確認しました。
この中で、カナダのハーパー首相が、アルジェリアで起きたイスラム武装勢力による人質事件で、10人の日本人が死亡したことについて哀悼の意を示したのに対し、安倍総理大臣は「このようなテロ行為に対しては、国際社会が結束して断固として戦い続けなければならない」と述べました。
そのうえで、安倍総理大臣は、北朝鮮が3回目の核実験に踏み切る構えを見せていることについて、「北朝鮮に対して、国連の安全保障理事会の決議を誠実かつ完全に実施し、核実験を含む、いかなる挑発行為も行わないことを強く求める必要がある」と述べました。
また、安倍総理大臣は、北朝鮮による拉致問題の解決に向けて、引き続き理解と協力を求めました。
これに対し、ハーパー首相は「北朝鮮の拉致と核の問題への懸念は共有しており、日本の立場を完全に支持している」と述べ、北朝鮮に対し、核実験を含む、いかなる挑発行為も行わないよう求めていくことを確認しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130129/k10015136261000.htmlより、
北朝鮮キム第1書記 演説で結束訴え
1月29日 13時19分

北朝鮮のキム・ジョンウン第1書記は、朝鮮労働党の末端組織の幹部を集めた大会で演説し、「国家の建設と祖国の統一に向けて、末端組織の任務は極めて重要だ」と結束を呼びかけ、3回目の核実験に向けて体制の引き締めを図っているものとみられています。
北朝鮮の国営テレビは29日、朝鮮労働党の「細胞」と呼ばれる末端組織の幹部を集めた大会が、28日、ピョンヤンでおよそ5年半ぶりに開幕した模様を伝えました。
大会では冒頭、キム・ジョンウン第1書記が演説し、「今回の大会は、党の戦闘威力をあらゆる面から強化するうえで画期的な転換点になる」と述べました。そして、「強くて盛んな強盛国家の建設と祖国の統一に向けて党の末端組織の任務は極めて重要だ」と結束を呼びかけました。
続いて側近の1人であるキム・ギナム書記が、「アメリカなどの敵対行為によって、重大な情勢がつくり出されており、有事に備えた戦闘態勢を整えるべきだ」と強調しました。
大会には、事実上のミサイルの発射を主導したとして、国連安全保障理事会の決議で新たに制裁の対象となった宇宙空間技術委員会からも関係者が出席しており、決議に反発する北朝鮮指導部は、3回目の核実験に向けて体制の引き締めを図っているものとみられます。

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013012900102より、
核実験なら「重大な行動」=米

 【ワシントン時事】米国務省のヌーランド報道官は28日の記者会見で、北朝鮮が3回目の核実験や長距離ミサイル発射を実施すれば「われわれは重大な行動を取る」と改めて強調した。
 報道官は「北朝鮮は無用な挑発をしている。いかなる実験も重大な国連決議違反だ」と指摘した。また、訪日中のデービース北朝鮮担当特別代表が拉致被害者家族と面会したことも明らかにした。(2013/01/29-10:57)

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013012901001256.htmlより、
米、「重大な行動取る」と警告 北朝鮮核実験に
2013年1月29日 10時17分

 【ワシントン共同】米国務省のヌランド報道官は28日の記者会見で、北朝鮮が核実験に踏み切れば「重大な行動を取る」と述べ、核実験を行わないよう強く警告した。具体的な行動の内容は明らかにしなかった。
 報道官は核実験について「無用な挑発だ」と非難、「北朝鮮の国民生活改善に何の役にも立たない」と強調した。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130129/k10015127931000.htmlより、
北の核実験巡り日米韓防衛協議へ
1月29日 4時9分

北朝鮮が3回目の核実験に踏み切る構えを見せるなか、日本、アメリカ、韓国の防衛当局の局長級会合が、今週、東京で開かれることになり、3か国で情報を共有するなど、緊密に連携して、対応していく方針を確認するものとみられます。
3か国の防衛当局の局長級会合は、今週、東京で開かれ、防衛省の西防衛政策局長、アメリカのリパート国防次官補、韓国のイム・グァンビン国防省政策室長が出席する予定です。
会合では、北朝鮮が3回目の核実験に踏み切る構えを見せるなか、日米韓3か国で核実験に向けた具体的な動きや実験に踏み切った場合の核開発の状況について情報を共有するなど、緊密に連携して対応していく方針を確認するものとみられます。
また、北朝鮮が先月発射した事実上のミサイルについて、射程がアメリカ西部に届く1万キロ以上に及ぶ可能性があることから、「アジア太平洋地域のみならず、国際社会にとって重大な懸念だ」という認識で一致し、ミサイル防衛システムの能力向上など、対応策を巡って意見が交わされる見通しです。
さらに会合では、海洋進出の動きを活発化させる中国の動向などについても、意見を交わすものとみられます。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130128/k10015123161000.htmlより、
韓国 核実験と挑発に警戒
1月28日 20時40分

北朝鮮が核実験に踏み切る姿勢を示していることについて、韓国国防省は28日、核実験が迫っているという兆候は確認していないとする一方、北朝鮮が最近、各地で実弾による砲撃訓練を活発化させているとして、核実験に加えて砲撃などによる挑発もあり得るとして警戒を続けています。
北朝鮮は、事実上の弾道ミサイル発射を非難する国連の安全保障理事会の決議に反発して、3度目の核実験に踏み切る構えを何度も示しており、国際社会では核実験への懸念が一層、強まっています。
これについて、韓国国防省の報道官は28日に開いた記者会見で「現時点で特異な動向は見られない。核実験をするための『理由づけ』を重ねているのではないか」と述べ、核実験が迫っているという兆候は確認していないものの、いずれは核実験を強行する可能性が高いという認識を示しました。
また、韓国軍を統括する合同参謀本部のチョン・スンジョ議長は28日、首都ソウルの防衛に当たる陸軍と海兵隊の部隊を視察し、北朝鮮は各地で実弾による砲撃訓練をこれまでよりも3倍程度強化していると指摘し、より緊張感をもって奇襲攻撃に備えるよう指示したということで、政府と軍は、核実験に加えて砲撃などによる挑発もあり得るとして警戒を続けています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130128/k10015121441000.htmlより、
日米 核実験の自制要求を確認
1月28日 19時23分

北朝鮮が3回目の核実験に踏み切る構えを見せるなか、外務省の杉山アジア大洋州局長と、日本を訪問中のアメリカのデイビース特別代表が会談し、関係各国と連携しながら、北朝鮮に自制を求めていくことを確認しました。
アメリカ政府で北朝鮮の核問題を担当するデイビース特別代表は、韓国、中国に続いて、日本を訪れ、28日午後、外務省で杉山アジア大洋州局長と会談しました。
この中で、両氏は「北朝鮮は、一連の国連安全保障理事会の決議などを完全に順守すべきだ」として、3回目の核実験など、さらなる挑発行為を行わないよう、日米が、韓国、中国、ロシアなど関係各国と連携しながら、北朝鮮に自制を求めていくことを確認しました。
また、会談で、杉山局長は北朝鮮による拉致問題を取り上げ、「安倍政権は拉致問題を極めて重視している」と説明し、解決に向けて、引き続き日米が協力して取り組んでいくことを確認しました。
このあと、デイビース特別代表は記者団に対し、「北朝鮮が安保理決議を無視し続け、さらなる孤立化や非難を招くのか、それとも平和の道を歩むのか。国際社会は、北朝鮮に対し明確な選択を迫らなければならない」と述べ、北朝鮮をけん制しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130127/k10015087361000.htmlより、
キム第1書記 核実験で直接指示か
1月27日 8時5分

北朝鮮の国営メディアは、キム・ジョンウン第1書記が国防や外交を担う幹部らによる会議を招集して、「強力な国家的重大措置を取る断固たる決心を表明し、具体的な課題を示した」と伝え、3回目の核実験に関連して直接指示を出したことを示唆しました。
北朝鮮の国営メディアは27日、国連安全保障理事会が事実上の長距離弾道ミサイルを発射した北朝鮮に対する制裁の範囲を広げた決議を採択したことを受けて、キム・ジョンウン第1書記がこのほど、国防や外交を担う幹部らによる会議を招集したと伝え、朝鮮中央テレビも会議の様子を映した写真を放送しました。
会議には朝鮮人民軍のチェ・リョンヘ総政治局長や、朝鮮労働党で軍需部門を指揮するパク・トチュン書記、それに、アメリカとの交渉に携わってきたキム・ケグァン第1外務次官らが出席し、キム第1書記は最近の朝鮮半島情勢を巡る報告を受けたうえで、「強力な国家的重大措置を取る断固たる決心を表明し、具体的な課題を示した」ということです。「強力な国家的重大措置」が何を指すのかは明らかにしていません。しかし、北朝鮮は、今月24日、「高い水準の核実験がアメリカを狙うことになる」という国防委員会の声明を発表し、北東部にある核実験場での準備が相当程度進んでいることも衛星写真から分かっており、今回の報道はキム第1書記が3回目の核実験に関連して直接指示を出したことを示唆したものとみられます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中