IOC レスリング除外「判断基準がおかしい」

http://www.asahi.com/paper/editorial.html#Edit2より、
朝日新聞 社説 2013年2月18日(月)付
五輪レスリング―IOCは透明な議論を

 レスリングが五輪の実施競技から外される危機にある。
 国際オリンピック委員会(IOC)理事会は14人による無記名の投票で、2020年五輪の「中核競技」から外した。
 五輪の肥大化は限界にある。活性化を促すために、新しい競技に門戸を開き、新陳代謝をはかる姿勢には賛成だ。
 しかし多くのアスリートにとって五輪は究極の目標であり、夢だ。その判断には、客観性と透明性が不可欠だ。
 レスリングは吉田沙保里選手らロンドン五輪の日本の金メダル7個のなかで、四つを占める「お家芸」だけに、日本の関係者の失望は大きい。
 古代オリンピックに由来し、1896年の第1回近代五輪から実施された伝統競技だけに、衝撃は世界に広がる。
 IOCは2001年にロゲ会長が就任し、28競技という上限を決めた。活性化のために競技の入れ替えを積極的に進める。
 今回、外れたのがレスリングではなく、危ないとうわさされた近代5種だったら、日本でこれほど関心を呼んだだろうか。メディアは自国のメダル有望種目を中心に伝えるから、人気の濃淡に反映される。それは日本に限らない。
 IOCは欧州が発祥で、今も欧州色が濃い。101人の委員のうち43人が欧州出身で、15人の理事も過半数を占める。
 ロンドン五輪で外れた野球、ソフトボールもそうだが、西欧で不人気な競技は冷遇されやすい傾向がある。スポーツは世界を結ぶ。理事も広い地域から出て、責任を分かつべきだ。
 今回、理事の中にレスリング出身者はいなかった。逆に、最後の投票まで争った近代5種の国際競技連盟の副会長がいて、存続のためのロビー活動をしたことを認めている。
 IOC委員の3割弱は五輪出場経験者で、国際競技連盟の役員も多い。利害関係者を除いて何かを決めるのは非現実的だ。
 ならば、自分の競技だけでなく五輪全体の発展を考える倫理が求められる。そして、運営の透明さがより大切になる。
 今回、IOCは国際性、人気、普及・振興、伝統など39項目の評価基準を定めた。だが、「一部情報が足りない」として8月まで公表しない方針だ。
 これはおかしい。
 何かを決めるとき、その理由はすぐに示されるべきだ。そうでなければ改善も図れない。
 追加競技1枠は、5月の理事会を経て9月の総会で決まる。レスリングの採否もふくめ、透明で公平な選考が大切だ。

http://mainichi.jp/opinion/news/20130217k0000m070104000c.htmlより、
社説:視点・レスリング除外 戦いは競技場の外でも
毎日新聞 2013年02月17日 02時30分

 東京が招致を目指す2020年オリンピックの「中核競技(25競技)」からレスリングが除外された。国際オリンピック委員会(IOC)の理事14人による非公開の投票で決まった。もし、これが柔道と並ぶ日本のメダル獲得有望競技でなかったとしたら、これほどの論議を巻き起こしていただろうか。
 IOCがまとめたロンドン五輪実施26競技の評価報告でレスリングはテレビ視聴者数やインターネットのアクセス数などの人気度や国際レスリング連盟(FILA)の組織体制などで評価が低かった。FILAの意思決定機関に女性委員会がないことなどが指摘されたという。レスリングは古代五輪からの伝統競技だが、女子は2004年アテネ五輪からの採用と歴史は浅い。階級数も男子のフリーとグレコローマンの計14に対し、女子はフリーの四つだけで、アンバランスが際立つ。
 01年に就任したIOCのロゲ会長は前任者のサマランチ氏が推進した拡大路線からスリム化路線に転換した。背景には競技数が増え、先進国の大都市でしか開催できなくなってしまった現状への反省があった。実施競技を絞り込み、追加採用する場合はIOC委員の過半数の賛成が必要とした。テレビ映えする競技が有利とされる中、伝統競技といえどもIOCの意向に沿った改革を怠っては除外の対象となることが示された。
 除外理由を公表しないIOCを「秘密主義」と批判する声もある。だが、開催都市を約100人のIOC委員が出席する総会での投票で決定する際も落選都市への説明はない。除外候補だった近代五種やテコンドーはロビー活動によって中核競技にとどまったとの見方が有力だが、根回しが欠かせないことはオリンピックの招致活動でも常識だ。FILAはあぐらをかいていたのかもしれない。
 よくも悪くも、これが委員の約4割を欧州出身者が占めるIOCの実態なのだ。
 除外を知らされたレスリング関係者が「金メダルを取れるレスリングが外れたらオリンピックが盛り上がらない。国を挙げて何とかしてほしい」と言ったことには驚いた。メダルが期待できない競技は価値がないとでも受け取れるような発言で、採用を目指す他競技への配慮に欠ける。メダル獲得を目指しているのは他競技も同じだ。
 いずれにしても、オリンピックは競技場の中だけで戦いが行われているのではなく、その外側ではさまざまな利害と思惑がぶつかり合っていることを多くの人は知ったのではないか。(論説委員・落合博)

http://sankei.jp.msn.com/sports/news/130216/mrt13021603220000-n1.htmより、
産経新聞【主張】五輪アマレス除外 東京招致も油断は禁物だ
2013.2.16 03:22 (1/2ページ)

 世界のスポーツ界が驚いている。国際オリンピック委員会(IOC)理事会は、2020年夏季五輪で実施する「中核競技」からレスリングを除外した。
 9月のIOC総会まで野球・ソフトボールなど7競技と追加の1枠を争うが、復活の見通しは甘くない。まさかの結果はレスリング界のロビー活動不足が招いたとされる。
 そんな理由で実施競技の存廃が決まる組織のあり方こそおかしいが、これが現実だ。20年五輪の開催地に立候補している東京も、最後まで油断は禁物だ。
 レスリングは古代、近代五輪を通じて主要競技であり続けた。吉田沙保里ら4選手が金メダルを獲得したロンドン五輪の記憶も新しい。通算28個の五輪金メダルは柔道、体操に次ぐ、日本のお家芸でもあった。
 招致のライバル、イスタンブールのトルコも同じ28個の金をレスリングで獲得しているが、こちらは全37個のうちの4分の3以上にあたる。国名が技の名についた「トルコ刈り」があるほど縁は深く、今回の除外には日本以上の衝撃を受けたろう。
 事前には、除外競技の有力候補としてテコンドーと近代五種が挙げられていた。
 だが、テコンドーは韓国が国を挙げて残留を後押しし、近代五種は国際近代五種連合副会長でIOC理事でもあるサマランチ・ジュニア氏が積極的に活動したとされる。絶対権力者だった前IOC会長の息子でもある。

http://sankei.jp.msn.com/sports/news/130216/mrt13021603220000-n2.htmより、
2013.2.16 03:22 (2/2ページ)
 理事会メンバーは欧州に偏り、レスリング関係者や、強豪国の米露、中東、日本からは皆無だ。欧州中心の「密室の協議」で除外されたという関係者の恨み節も、そう的外れではないだろう。
 フランスを中心に欧州で活況を呈し、創始国日本の影が薄まる柔道が五輪競技として安泰であることとは好対照だ。
 20年夏季五輪の招致レースは、経済危機のマドリードが後れをとり、東京とイスタンブールの一騎打ち、と報じられてきた。
 だが、近代五種を守ったサマランチ・ジュニア氏はマドリード招致の旗振り役でもある。楽観はできない。レスリング界の屈辱を教訓に、五輪招致も東京都やスポーツ界に任せず、国を挙げて力を尽くす必要がある。大魚を逃してから悔いても遅い。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2013021602000120.htmlより、
東京新聞【社説】レスリング除外 判断基準はどこにある
2013年2月16日

 レスリングがオリンピックの中核競技から外れたことは、最近の五輪大会が示す変質の象徴のようにも見える。諸課題に関して何が判断基準となっているのか。一番の問題点はそこだ。
 二〇二〇年夏季五輪の中核競技からレスリングが除外された。国際オリンピック委員会(IOC)理事会の決定である。今後、他の七競技と残り一枠を争うことになるが、実施競技から外れる可能性は高いとの見方も出ている。
 IOCの決定には疑問が残る。予想外の選択だったから、日本のお家芸だから、というわけではない。選択の判断基準そのものに疑問を感じるのだ。
 レスリングは古代五輪からの伝統を持ち、第一回近代五輪から実施されている。普及や知名度に問題があるとも思えない。五輪にふさわしい競技といえる。
 なのに除外された。もちろんレスリングにも問題はあるだろう。組織面での評価が低かったとも指摘される。だが、それらが決定的要因とは言いにくい。そこで浮かんでくるのが、五輪競技をめぐる近年の顕著な傾向だ。
 ビジネス面での成功が最優先される最近の五輪。中核には巨額のテレビ放映権料があり、当然のように「テレビ向きかどうか」が重視される。それはまた「見栄えのよさ」にも直結している。冬季大会にショー的要素の強い種目が次々と採用され、夏季大会でも各競技で時間短縮などの措置がとられてきたのはその表れだ。まずテレビ映りありき、ショーアップありき。今回の決定にも、それが影を落としているように思われる。
 オリンピックはスポーツの祭典であり、スポーツの魅力を幅広く伝えるのがその役割である。時代による競技の入れ替えは必然だろうが、伝統や歴史もかえりみず、ショーアップやテレビ映りばかりが優先されるようになれば、スポーツの祭典としての本来の趣旨がゆがんでしまう。今回の決定にそうした側面はなかったか。疑問を感じるゆえんだ。
 除外候補とみられた競技団体がIOCに対して強力な働きかけを行った半面、レスリングは何もしなかったという指摘もある。が、それは本質ではない。ロビー活動や政治力でこれほど重要な決定が動くのなら、そうしたIOCやスポーツ界の体質こそが問題ではないか。
 考えることの多い今回の決定。それは五輪のあり方そのものも左右する重さをはらんでいる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中