木語:怖さ増す中国の核 金子秀敏氏

http://mainichi.jp/opinion/news/20130425ddm003070128000c.htmlより、
木語:怖さ増す中国の核=金子秀敏
毎日新聞 2013年04月25日 東京朝刊

 <moku−go>

 とても重要な情報が4月23日付の「毎日新聞」国際面にある。中国の国防白書から「核兵器の先制不使用」の記述が消えたという。

 北朝鮮のテポドンなどよりはるかに強力な中国製の弾道ミサイルで米国を先制攻撃する可能性が「ない」から「ある」に変わったということなのだ。

 米国も1000発の核弾頭を持っている。先制攻撃しないという政策でもない。米中が核の脅迫(きょうはく)ゲームで対等の立場に立ったのだ。かつて米国とソ連が大陸間弾道弾の破壊力を競った。それを「冷戦」と呼んだが、これから米中の「新冷戦」が始まる。

 崔天凱(さいてんがい)・新駐米大使がワシントンに着任したさい、信任状奉呈式でオバマ大統領が米中関係を「ニュータイプのグレートパワーの関係」にと言った。新華社はそう伝えた。訪中したケリー米国務長官に習近平(しゅうきんぺい)・中国国家主席は「新型の大国関係」と言った。ぴたりと重なる。

 冷戦時代、地球上のルールは米ソという「グレートパワー」で決めた。冷戦が終わり米国の独走時代が続いた。しかしあと7年で中国の経済力が米国を抜くといわれる。いまや、経済力だけでなく核ミサイルでも米国を先制攻撃できる質と量が整ったという自信がついたのだろう。これからは、核軍縮交渉から、朝鮮半島の安定、尖閣諸島の領有権まで「新型の大国」同士で決めるつもりかもしれない。日本は靖国(やすくに)神社参拝で韓国とけんかしている場合だろうか。

 本コラムは誇張していると感じるむきもあるだろう。それなら中国で核ミサイルの引き金に一番近い人物、習近平・国家主席の話を聞こう。

 習主席は昨年12月、「第2砲兵」(戦略核ミサイル軍)所属の幹部党員と会見し「強大な戦略ミサイル部隊の建設」を強調した。「第2砲兵は中国の戦略威懾(いしょう)の核心力量であり、中国の大国たる地位の戦略的支柱である」

 中国の歴代国家主席のなかで核戦略に触れた唯一の発言だという。「威懾」がポイントだ。中国筋によると、「懾」は「脅す」意味だが、単なる「脅迫」ではない。相手が恐れおののいて手が出せないほどの脅しである。戦わずして相手を屈服させる道だ。それでも挑戦してくるなら本気で先制攻撃する。

 「戦略威懾」を日本語にすれば「戦略抑止」か。だが抑止は抑止でも、習主席の場合は、オバマ政権の「拡大核抑止」戦略を意識した、怖い抑止である。(専門編集委員)

http://mainichi.jp/select/news/20130423k0000m030169000c.htmlより、
中国国防白書:核「先制不使用」外す 政策変更か
毎日新聞 2013年04月23日 02時09分

 中国政府が先週、2年ぶりに発表した2012年版国防白書で、核兵器を相手より先に使用しないとする「先制不使用」政策が明記されていないことが22日分かった。これまで五大核保有国の中で率先して中国が強調してきた核先制不使用の政策変更を示唆しており、今後、大きな議論を呼びそうだ。
 国防白書は、ほぼ2年ごとで8回目の発表。中国は初回の1998年版から先制不使用政策を平和発展路線の象徴として毎回アピールしてきた。
 今回の国防白書は、初めて先制不使用が記されていないだけでなく、核攻撃に関し「中国もミサイル核兵器を使用して敵に反撃する」と強調した。(共同)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中