「この国と原発」を取材して 日下部聡氏

http://mainichi.jp/opinion/news/20130517k0000m070105000c.htmlより、
記者の目:「この国と原発」を取材して=日下部聡
毎日新聞 2013年(最終更新 05月17日 00時15分)

 ◇前例踏襲より現実直視を
 4月に第8部を終えた連載「この国と原発」の取材・執筆の多くを担当した。大地震が頻発する小さな島国に54基もの原発が林立していること自体、何かおかしくないか−−。そう同僚と話し合ったのが取材のきっかけだった。その中で見えてきたのは、原発に関わる官庁や電力会社などが組織の維持を自己目的化させ、肥大してきた実態だ。そして政治やメディア、世論の多くはそれを追認してきた。
 主要国のエネルギー研究開発予算の統計をグラフ化してみて、日本の原子力偏重と硬直性に驚いた。1985〜2010年でみると、予算規模が日本とほぼ同じ米国は85年こそ約半分が原子力だったが、10年は18%に減り、省エネと再生可能エネがそれぞれ約30%に増加している。
 日本ではこの間、毎年3500億〜4000億円の予算のうち、ほぼ7割が一定して原子力に投入され続け、11年でも54%を占める。「入社や入省年次に従って上り詰める『単線路線のエリート』たちにとって、前例を踏襲すること、組織の利益を守ることは、重要な使命となった」と、国会事故調査委員会の黒川清委員長は指摘した。予算の使われ方はそれを体現しているように見える。

 ◇国内の54基中6割が70年代に
 原発54基の6割は高度経済成長が終わった70年代半ば以降に建設された。「原発がなければ一流の電力会社ではないという雰囲気があった」と、当時、政府の電気事業審議会委員だった田中洋之助・元毎日新聞論説委員は振り返った。電力会社の横並び意識やメンツが原発建設を加速した側面もあったのだ。
 そして原発を受け入れた自治体は、いや応なくこのシステムに組み込まれた。
 福島第1原発5、6号機のある福島県双葉町の元町長、岩本忠夫氏は反原発運動の闘士だったが、町長になって転向し、7、8号機増設を訴えた。電源3法交付金がなければ町財政は立ちゆかなくなっていたからだ。05年に引退、原発事故による避難生活で急速に衰え、11年7月、82歳で亡くなった。「正常な判断ができなくなってしまうほどカネの力、原子力政策の力は強かった」。岩本氏を支えた元町議の言葉が耳に残る。
 国民の10人に1人が原発の50キロ圏内に住む日本。大量の使用済み核燃料の処理問題は行き詰まっているのが現状だ。各原発の必要性について、どれほど合理的な検討がなされてきたのか。長年、原子力政策を担ってきた自民党は、野党だった事故直後こそ政策の検証に乗り出したかに見えたが、衆院選圧勝と政権復帰で結論はうやむやになった。

http://mainichi.jp/opinion/news/20130517k0000m070105000c2.htmlより、
 大本営で戦争指導班長を務めた種村佐孝・元陸軍大佐の著書「大本営機密日誌」の記述が頭に浮かんだ。
 中国戦線の泥沼化に頭を痛めた陸軍は1940(昭和15)年に翌年から撤兵を始める方針を決めた。だがドイツのポーランド侵攻で一変する。
 「昭和16年から逐次撤兵を開始するとまで、思いつめた大本営が、何時(いつ)しかこのことを忘れて、当時流行のバスに乗りおくれるという思想に転換して、必然的に南進論が激成せられるに至った」
 対米英開戦の直前には、陸海軍幹部と閣僚による会議で船の保有量や生産量が戦争に耐えられるか検討されたが、特に異論もなく、2時間で「維持は可能」との試算が承認されたと種村氏は記す。
 上司の参謀次長は会議後、「よくわからなかったから、研究しておけ」と命じたという。種村氏は「一同が、数字を理解した末に決定したのか……」と疑問を呈している。試算が極めて甘かったことは歴史が証明した。「雰囲気」「横並び」で物事を決める愚を繰り返してはならない。

 ◇営みを根こそぎ破壊する事故
 この書と共に、今も脳裏にちらつくのは11年9月に取材した福島県大熊町の光景だ。
 一時帰宅した住民は白い防護服に身を固め、厳重にカバーした土足で家に上がった。牛舎では牛が骨と皮だけになって死んでいた。「2時間じゃ何もできないね」。ノートパソコンをビニール袋に入れて持ち出した男性がつぶやいた。「ピーッ、ピーッ」と放射線量計のアラームが断続的に鳴り続けていた。
 住み慣れた家と土地がそこにあるのに「あの日」を境に隔絶された。原発周辺に住んでいた5万人以上が今も避難を強いられている。人間の生活を、ここまで広範囲に根こそぎ破壊する事故が他にあるだろうか。
 日本の経済や科学技術といった「大局」から原発を論じる前に、このような現実から、議論は出発しなければならないと思う。(大阪社会部)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中