世界遺産「三保松原」除外 樋口淳也氏

http://mainichi.jp/opinion/news/20130529k0000m070106000c.htmlより、
記者の目:世界遺産「三保松原」除外=樋口淳也
毎日新聞 2013年05月29日 01時11分

 ◇白砂青松 取り戻す契機に
 来月、カンボジアで開かれるユネスコ世界遺産委員会で、富士山(静岡、山梨県)の世界文化遺産登録が正式に決まる見通しとなった。まずは素直に喜びたい。一方、登録を勧告した国際記念物遺跡会議(イコモス)は、駿河湾の名勝「三保松原」(静岡市清水区)の除外を登録条件とした。静岡県・市は、富士の芸術的価値を支える重要資産として、遺産委での「逆転登録」に望みをつなぐが、専門家集団であるイコモスの指摘は重い。勧告を尊重し、失われた名勝の「白砂青松」の風景を取り戻すきっかけとすべきだ。
 三保松原は、松林が続く湾越しに雄大な富士山が望める東海道随一の絶景として知られる。とりわけ浮世絵では、歌川広重の冨士三十六景をはじめ、多くの作品に描かれてきた。富士山は時間や季節によって表情が変わり、見る者を魅了する。多くの眺望地点で「絵になる」構図となるわけだ。とりわけ、海岸とバランスよく視界に入る三保松原は、島国に暮らす日本人の原風景と言える場所だったからこそ、多くの絵師・画家の心を捉えてきたのだろう。

 ◇ブロックに電線 景勝と程遠く
 だが、三保松原にいま足を運ぶと、かつての白砂青松とは程遠い風景が広がっている。イコモスの勧告書で「富士山から45キロも離れ、消波ブロックなどもあって美しいと言えない」と除外理由に指摘されたブロックが波打ち際に点在し、海岸線4キロ余に続く松林も立ち枯れが目立つ。
 県や市によると、海岸はもともと、近くの河口から潮の流れで運ばれた土砂で形成されてきた。しかし、高度成長期にコンクリート材料として砂利が大量に採取されると海岸の浸食が進み、1980年代後半からブロックを置くようになった。松の枝や落ち葉は、かつてのように肥料や燃料で使われなくなって放置され、松枯れにつながった。
 加えて、松林に隣接する住宅地区へ一歩足を踏み入れると、電線や電柱越しの富士山になってしまう。観光客用の臨時駐車場から無秩序に海岸への近道が作られ、明らかに景観を阻害する要素が多くある。世界に誇れるかと言えば正直、心もとない。
 護岸や住民生活を維持する必要は分かる。だが行政が世界文化遺産という高いハードルのため、どこまで手立てを尽くしてきたのかは疑問だ。

http://mainichi.jp/opinion/news/20130529k0000m070106000c2.htmlより、
 今回の「除外」は、ある程度、予想されていた。昨年12月にイコモスから三保松原を外すよう打診があったからだ。しかし県や市は「芸術の源泉」などと、従来主張の範囲で反論するのみ。川勝平太知事は今月の記者会見で「勧告を受け、本当に問題だと気づいたということ」と、具体策を欠いていたことを認めた。その後、県や市からは、消波構造物の海中設置や電線の地中化など景観保全策の検討が公表されたが、遅きに失した感がある。

 ◇地元の奮起で再チャレンジを
 私が期待したいのは、除外勧告によって地元住民が「美しくないと言われて黙っていられない」と奮起し、清掃活動などに従来より熱心に取り組むようになったことだ。地元の老舗「羽衣ホテル」のおかみで、三保松原の環境保全に取り組むNPO法人事務局長、遠藤まゆみさん(55)は昨年、イコモス調査員が訪れた際に地区の歴史などを説明してPRした。一方で「このまま登録されたら、行政は環境保全に熱意を持ち続けてくれるのか」と不安もあったという。
 三保地区では勧告直後、住民や近くの大学の学生らによる大規模な清掃活動が2回あった。遠藤さんは「むしろ、『除外』報道で現状を知った住民たちが地域の環境に関心を持つようになったかもしれない」と話す。26日には異例の3000人規模による清掃活動が再度、行われた。いずれも住民主催の取り組みだけに、登録の可否にかかわらず続いてほしい。登録範囲の拡大申請などで再チャレンジする余地は十分にある。
 富士山は、今まで世界遺産になった寺社や城郭のように権威・権力の象徴ではない。富士講に代表される庶民の山であり、浮世絵でも、浜辺で暮らす人々を見守るように描かれてきた。除外勧告で周辺住民には一時失望感が広がったが、「お上」でなく、市民一人一人が富士山周辺の環境や景観保護の意識を高めるスタートが三保松原からであってほしい。
 いつの日か、美しい砂浜や青々とした松林がよみがえった時にこそ、富士の稜線(りょうせん)はひときわ美しく映えることだろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中