記者の目:守れ日本の農業 中井正裕氏

http://mainichi.jp/opinion/news/20130531k0000m070133000c.htmlより、
記者の目:守れ日本の農業=中井正裕(東京経済部)
毎日新聞 2013年05月31日 00時32分

 安倍晋三首相はアベノミクスの成長戦略として「農業・農村所得倍増目標」を打ち出した。農業所得を引き上げることは、農家の後継者不足や増え続ける耕作放棄地などの問題解決に有効なはずだ。また、日本の参加が決まった環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉では、国内農業を保護してきた関税引き下げも議論されるが、「聖域」がどこまで守られるかは不透明だ。日本の農業を守るためにはまず、思い切った農地利用改革を行うべきだと思う。意思と能力のある農業経営者が、まとまった農地を安定的に利用できる環境づくりこそ、日本の農業が攻めに転じる土壌となるはずだ。
 現在の農業は、所得倍増どころか、衰退に歯止めをかけることで精いっぱいなのが現実だ。農業生産額は過去20年間で4分の3に減り、農業所得の合計はその間に半分になった。耕作面積は過去50年間で4分の3の約460万ヘクタールまで減少し、その1割に近い約40万ヘクタールが耕作放棄地で、滋賀県の面積にほぼ匹敵する。農業従事者の平均年齢は66歳。基幹的農業従事者は現在178万人いるが、50歳未満は10%に過ぎない。農水省の試算では2030年には110万人に減り、うち50歳未満は13万人になるという。
 しかし、発想を転換してみよう。農業の担い手が減っても生産高を維持できれば、1人当たりの所得は増える。コメの販売農家の場合、平均作付面積は約1ヘクタールで、2ヘクタール未満なら赤字だ。稲作で最も効率的な規模は10〜15ヘクタールとされ、この規模で農業所得は500万〜700万円になる。30万人の農業者が1人当たり10ヘクタールを耕作すれば、コメや麦、大豆などを栽培する土地利用型農地約370万ヘクタールの8割を維持できるという試算もある。こうした農地利用の実現に向け、今後10年程度で農地の再配分を進めるべきだろう。ドイツやフランスも過去40年間で農業就業者は4分の1に減少したが、農地の継承が円滑に進み、1戸当たりの農地面積は約4倍になった。
 日本では、整然と見える田園風景でも農地の所有者、耕作者が、モザイク状に複雑に入り組んでいる。一つのまとまった農地なら効率的に耕作ができるが、何カ所にもバラバラに散らばっていては、手間ばかりが増える。農地の集約を進めるため、自治体や農業委員会、土地改良区、売買・貸借を仲介する農地保有合理化法人や農地利用集積円滑化団体などが、これまでにも対策を進めてきたが、農家が規模を拡大するほど農地が分散する傾向は変わっていない。

http://mainichi.jp/opinion/news/20130531k0000m070133000c2.htmlより、
 集積が進まない理由は、兼業農家の増加、関係機関の資金不足や人員不足、農村地域の人間関係のしがらみ、所有者が分からない農地の存在など、さまざまだ。
 日本の農業の将来像を考える上で重要なのは、耕作地の6割、販売農家の7割を占める稲作だ。日本は1970年からのコメの生産調整(減反)で高い米価を維持する一方、機械化や農薬、化学肥料の普及による効率化でコメ農家の兼業化が進み、農家の規模拡大は進まなかった。農地集積が進まない象徴的な存在が稲作なのだ。富山県小矢部市の約90ヘクタールの水田でコメや麦を生産する宇川純矢さん(42)は「まとまった農地を利用できれば移動距離が少なく効率的」と農地集積の効果を語る。
 政府は今回、農地の売買・貸借を仲介する都道府県単位の「農地中間管理機構」を設置する方針を打ち出した。農地保有合理化の機能を強化し、耕作放棄地に限らず農地の「定期利用権」を機構に集め、農地利用権の準公有化を図る仕組みだ。機構が集めた利用権をまとまった形で農業経営者に再配分すれば、これまで以上に高いコスト削減効果が期待できそうだ。
 今春、皆川芳嗣(よしつぐ)農水事務次官が講演で「構造改革の大きな節目が来ている。ある程度の大きさ、効率性をもった農地の集約を相当なスピードで、異次元の政策で進めたい」と強い意気込みを語った。自治体、地域、農業委員会など関係機関と一体となって農地集積に取り組む体制を作り、今回こそハードルを乗り越えてほしい。すでに制度化されている耕作放棄地の利用権の強制設定手続きも積極的に活用すべきだ。
 集約を追求するあまり、定年退職後に実家の農家を継ぐ「定年帰農」や、新規就農者の受け入れがおろそかになってはいけないが、問われるのは結果を出すための実行力。急速な世代交代が進むいまこそ農地集約を進めるべきだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中