シベリア抑留 「政治主導で風化を防げ」

http://mainichi.jp/opinion/news/20130823k0000m070135000c.htmlより、
社説:シベリア抑留 政治主導で風化を防げ
毎日新聞 2013年08月23日 02時32分

 シベリア抑留などをテーマに描き続ける熊本市在住の画家、宮崎静夫さん(85)の手記「軌跡 生きて描く八十年」(熊本日日新聞社)が3月に刊行された。宮崎さんは15歳で満蒙(まんもう)開拓青少年義勇軍に参加し、17歳で関東軍に志願入隊。敗戦後、4年間、シベリアに抑留された。
 すべてが凍る極寒。地獄をはい回るような飢え。過酷な重労働。<飢えのあまりに私も、煉瓦(れんが)が黒パンに見えたり、鶴嘴(つるはし)で起こしたツンドラが黒砂糖の塊にみえてしまうこともあった>と振り返る。ソ連への忠誠を示すために、同胞が競い合った事実も隠さずにつづっている。
 第二次世界大戦の終了後、旧満州などから、武装解除した日本人が旧ソ連領やモンゴルへ連行された。厚生労働省では約57万5000人が連行され、約5万5000人が抑留中に死去したと推計している。もっと多かったのではという考えもあるが、全体像ははっきりしない。
 2010年にシベリア特措法が制定され、生存者たち6万8847人に特別給付金が支給された。しかし、多くの課題が残されており、その取り組みには政治のリーダーシップが欠かせない。
 同特措法とそれに基づく基本方針では実態解明、抑留中に亡くなった人たちの遺骨収集、体験の次世代への継承などについても、国を挙げて取り組むことを定めている。
 これまでに抑留経験者の手記が約2000冊刊行されたといわれる。これらをロシアや日本の資料と照合することが実態の解明につながる。シベリア抑留研究会(代表世話人は富田武・成蹊大特任教授)も、ここに力を入れている。「記憶」を「記録」で裏付ける作業だ。
 ロシア側から日本に引き渡された51万人分の資料は厚労省から国立公文書館に移された。これを十分に活用することが不可欠だ。
 今年5、6月には、カザフスタンとロシアの研究者を招いて、北海道大と法政大でシンポジウムが開かれた。研究の国際協力はどうしても必要だ。今後の深まりを期待したい。
 これまでに政府の事業で日本に持ち帰られた遺骨は1万9187柱。亡くなった人たちの3分の1に過ぎない。遺族が高齢化し、遺骨のいたみも心配されることから、作業が急がれる。
 後世に伝えることも多角的に実践したい。国の施設である平和祈念展示資料館や昭和館(いずれも東京)が連携した企画を試みている。この動きを広げたい。
 スターリンが抑留を指令した8月23日に国立千鳥ケ淵戦没者墓苑(東京)で毎年、犠牲者追悼の集いが開かれている。抑留の歴史を決して風化させてはならない。

http://mainichi.jp/select/news/20130814k0000m040112000c.htmlより、
遺骨返還活動:シベリア抑留91歳の終わらぬ戦後
毎日新聞 2013年08月14日 07時10分

 ◇坂井正男さん「仲間の無念に報いたい」
 終戦後、シベリアに抑留され、望郷の願いがかなわないまま酷寒の地で果てた戦友らの遺骨を遺族に届けようと、返還活動を続ける元兵士がいる。戦後68年が経過し、自身や戦没者遺族の高齢化が進む中、「仲間の生きた証しが遺族の手に戻るまでは、戦後は終わらない」と話す。
 遺族に身元照合のためのDNA鑑定を呼びかけている広島県福山市、会社社長、坂井正男さん(91)。坂井さんは1942年召集を受け入隊。45年8月15日、主に広島、島根県出身者からなる陸軍歩兵231連隊の曹長として旧満州(中国東北部)の新京(現長春)で終戦を迎えた。
 数日後、旧ソ連軍の捕虜となり、約1500人が貨車に乗せられた。日本へ帰れると喜んだのもつかの間、チタ州カダラ村の収容所へ送られた。食事は朝と晩の2回。炭鉱で働く者には1日700グラム、兵舎建設やイモ掘りなどの軽作業者には350グラムのパンが支給されるだけだった。
 冬に入り、軍隊経験の浅い新兵や老年兵を中心に、栄養失調やチフスに倒れ、多い日は10人近くが死亡した。ひと冬で約350人が異国の土となった。寒さをしのごうと、遺体がまとう毛糸のシャツをはぎ取る兵も出た。
 栄養失調になった坂井さんは47年春、帰国が決まり、仲間から福山出身の2人の抑留兵の遺骨を託された。遺骨の持ち帰りは禁じられ、見つかれば帰国取り消しの危険を冒して下着にしのばせて帰還した。
 坂井さんは経営していた特産のげた製造会社の実質的経営を息子に譲り、戦友3人と2004年に厚生労働省の収集団に参加。154人の遺骨を持ち帰った。連隊名簿などを手がかりに電話帳を調べ、100件以上の遺族に連絡、DNA鑑定を勧めた。「昔のこと」と渋る遺族を説得し、新潟や大分など30人以上の返還につなげた。「戦後届いた木箱には石が入っていた。やっと亡父を弔える」と涙を流す遺族もいるという。
 その戦友3人も1人は亡くなり、2人は体が弱くなって活動できるのは坂井さんだけになった。坂井さんは足は弱っているがつえは不要で、自分が関わった遺骨が遺族に返還される際は、遠方でも新幹線を使ったり、自分で運転する車で駆け付けて立ち会っている。

http://mainichi.jp/select/news/20130814k0000m040112000c2.htmlより、
 「『一生懸命働けば帰れる』とだまされ、弱音を吐くまいと『帰国したい』とも言わず若い兵士が死んでいった。無念の思いに少しでも報いるため、力の限り続ける」と語っている。
 厚生労働省によると今年7月現在、同省などが収集した遺骨のDNA鑑定で身元が判明した戦没者は877人。【高田房二郎】

http://mainichi.jp/feature/news/20130613dde014040064000c.htmlより、
シベリア抑留:法政大で研究シンポ カザフスタンでの実態も
毎日新聞 2013年06月13日 東京夕刊

 日本とロシア、カザフスタンの研究者らが研究成果を報告し、今後の課題を考える国際シンポジウム「シベリア抑留の実態解明へ−−求められる国際交流と官民協力」(成蹊大アジア太平洋研究センター主催)がこのほど、東京都千代田区の法政大で開かれ、約170人が参加した。
 カザフスタンのドゥラトベーコフ・ボラシャク大学長は、抑留された人々は結核と栄養失調に悩まされたことを指摘。一方で、主要都市のカラガンダでは日本人が建設した施設が今も使われており「建築に対する日本人の貢献は計り知れない」とした。
 『カザフスタンにおける日本人抑留者』(東洋書店)の著書がある味方俊介さんは、現地で日本人が造った施設を写真で紹介した。また整備された墓地もあるが、都市開発などで発見が困難な墓地も少なくないという。
 当初、日本人をソ連に移送しないつもりだったスターリンらソ連首脳部が短期間に方針を変えたことが知られているが、理由は分かっていない。ロシア・モスクワ東洋学研究所上級研究員のカタソーノヴァさんは、これまでの研究による仮説として、ソ連が目指していた北海道北半分の占領がアメリカの反対で実現しなかったことや、日本の関東軍幹部が日本人捕虜を「無償労働力」としてソ連側に提案をしたことなどを挙げた。
 カザフスタンには日本人約5万8900人が抑留された。炭鉱労働や建設作業などにあたり、1400人以上が死亡したとされる。【栗原俊雄】

http://mainichi.jp/select/news/20130529dde018040068000c.htmlより、
国際シンポジウム:「シベリア抑留の実態解明へ」 来月1日開催
毎日新聞 2013年05月29日 東京夕刊

 国際シンポジウム「シベリア抑留の実態解明へ−−求められる国際交流と官民協力」(主催・成蹊大アジア太平洋研究センター)が6月1日午後1時から、東京都千代田区の法政大外濠校舎S407教室で開かれる。
 2010年6月、抑留経験者への特別給付金支給などを定めたシベリア特措法が議員立法で制定された。だが同法が目指している抑留の実態解明や資料保存と公開などの事業は十分に進んでいない。本シンポジウムでは、抑留経験者や国内外の研究者らが参加し、最新の研究成果や今後の課題を探る。
 エレーナ・カタソーノバ・モスクワ東洋学研究所上級研究員が、ロシアにおけるこれまでの抑留研究を報告、また台湾出身で元カザフスタン抑留者の呉正男さんが体験を語る。さらに特措法制定に尽力したシベリア抑留者支援・記録センターの有光健さんが3年間の成果と課題を解説する。
 申し込み不要。無料。問い合わせは、シベリア抑留研究会世話人で成蹊大教授の富田武さんにメール(tkshtomita@jcom.home.ne.jp)で。【栗原俊雄】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中